花

育て方に注意すればキクは美しい花を咲かせる

翌年も美しく咲かせたい

短い草丈で開花させた方が見た目も美しいです。翌年も開花させるのであれば、短日処理を行いましょう。また、矮化剤を活用すれば茎が伸びるのを防ぐ事が出来ます。これは生産業者の育て方ですが、個人的にガーデニングを楽しむ際にも使えるはずです。

鉢植え専用のキク

園芸用品

改良されたキク

ポットマムと呼ばれるキクがあるのですが、これを種類の一つだと勘違いしている人は少なくありません。鉢植え用に品種改良されたキクの事であり、初心者でも育てやすいと評判なのです。季節に合わせてやるべき事があるので、そこに注意しながら育ててみましょう。

日当たりを考えよう

とにかく日当たりの良い場所に置くのが、ポットマムの正しい育て方となります。開花期には次々と蕾が開き、美しく咲くでしょう。咲き終わると枯れてしまうので、なるべく早く切り取ります。

鉢植えに適している

ポットマムは鉢植え専用と言えるので、こまめな水やりが必要です。とくに開花期は土の表面が乾きやすいので、いつもより頻繁に確認するようにしましょう。また、花が咲いている間の肥料は、月に3回ほど与えるのがオススメです。与えすぎに注意し、キクにとって快適な環境づくりをしていくのが育て方として正しいです。

秋に咲く花

一度咲き、枯れてしまうと終わりではありません。翌年もまた楽しむ事が出来るでしょう。その際には草丈が高くなるという特徴があります。矮性の品種となるのですが、一般的には秋に開花期を迎えます。冬から春にかけても気を抜かず、弱らないように見守ってあげましょう。

短日植物として有名

短日植物と呼ばれるキクですので、その名の通り昼の時間が短くなると花芽が出来上がります。季節で言うと秋がピッタリでしょう。開花期が終わって春から育て始めると、秋までは芽が出ません。草丈が高くなる理由はそこにあるのです。5月頃に一度カットをして、9月頃に挿し芽をするのが上手な育て方だと言えるでしょう。